給茶機の導入でコスト削減!

給茶機があれば、自由が広がります。

給茶機image01 給茶機image02 給茶機image03

お茶を組むのにも人的コストを考える

企業において必ずついて回ってくるのが、客人に対するお茶くみ・お茶出しの業務です。一見小さなことに見えるかもしれませんが、これは数も積もれば結構な時間をかけることに繋がります。
さらに言えば、突然のお客様に対しての対応としても、ちゃんとしたお茶を用意するということになれば段取りも必要となり、これがまた大変な作業となるのは否めないでしょう。

ですが、給茶機があればこの問題からは一瞬で解放されることになります。
一般にお茶汲みという行為を完結するには、まずお湯を沸かして、お茶っ葉を急須に入れて、もしくはティーパックを用意して、沸かしたお湯を急須もしくは器に入れてお茶を煮だす一連の作業があります。
それが給茶機があればどうでしょう?これまた一瞬の話で、器を置いて目的のボタンをワンプッシュすれば良いだけです。
数が増えれば増えるほど、この給茶機による作業の簡略化は非常に大きな意味合いを持つことになるでしょう。

給茶機一つあれば、従業員に対する福利厚生にも繋がります。
自由に休憩室でお茶が飲める、というのは現場で働く人間にとってなんだかんだでありがたいものとなります。
従業員がリラックスできる場所を作るという意味でも、給茶機があることは大きな意味を成すのです。

オフィスのみならず、飲食店でもその存在意義は大きいでしょう。
例えば飲食店で来客するお客様にお茶を出す作業。このロスは思っている以上に大きなものとなりますし、出し忘れによるクレームにも繋がります。
セルフサービスという形ながら、自由にお客様がお茶を飲める環境を作れるのは大きな意味合いを持つでしょう。

かように様々なシーンで活躍するのが、給茶機なのです。

いつでも美味しいお茶が飲める!給茶機を設置して今よりもっと充実した休憩時間を手に入れませんか?飲み物のバリエーションを増やすこともできちゃいます!

このエントリーをはてなブックマークに追加